第62回宝塚市展/宝塚芸術展/会期と場所の地図

宝塚 花の道 アート

宝塚市展と宝塚芸術展と宝塚大劇場

第62回宝塚市展の会期と場所です。第29回宝塚芸術展の会期と場所も。地図もあります。

第62回宝塚市展

第62回宝塚市展
●会場 宝塚ソリオホール
●開演 10:00 ~ 18:00
●入場料 無料
●お問い合わせ (公財)宝塚市文化財団  0797-85-8844

第62回宝塚市展

宝塚市文化財団

https://takarazuka-c.jp/shiten/

【宝塚市展】洋画、彫刻・立体造形、写真、デザイン、書、工芸、日本画の7部門からなる一般公募による作品展。全7部門の入賞、入選作品を展示。

だいたいの展示数は洋画150 日本画40 彫刻・立体10 写真90 デザイン15 書35 工芸30ぐらいでしょうか。

第29回宝塚芸術展

https://blog.myjcom.jp/dailytakarazuka/2018/01/129-d144.html

j com デイリーニュース

第29回宝塚芸術展
●会場 宝塚市立国際・文化センター
●開演 10:00 ~ 17:00
●入場料 無料
●お問い合わせ (公財)宝塚市文化財団  0797-85-8844

【芸術展】宝塚市文化連盟に所属するアーティストによる作品展。

アクセス

会期が同じで、徒歩圏内ですので、二つとも見ることができます。地図左上にある阪急宝塚駅のすぐ上がJR宝塚駅です。大阪駅から丹波路快速で26分。阪急は梅田駅から32分。料金はおなじ330円です。

余談ですが、阪急南口駅の手前を左に行くとサンドイッチで有名なルマン。さらに行くとガストがあります。

宝塚ソリオ アクセス

左上がソリオ。阪急宝塚駅すぐ。ソリオ1の3階が宝塚市民展の会場です。そこを出て、花乃みちを歩いて大通りを右に折れて宝塚大橋を渡ると、 数メートルで阪急宝塚南口駅。その前が宝塚市立国際・文化センター 。宝塚芸術展の会場になります。1階には阪急OASIS。その3階です。

阪急百貨店公式通販サイト HANKYU E-STORES

宝塚大劇場

宝塚歌劇、星組公演の「霧深きエルベのほとり」が上記展覧会日程と重なっているので、入れておきました。

霧深きエルベのほとり 星組

宝塚review

https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2019/kirifukakierubenohotori/

見事に決まってます。美しい写真です。なんとなく中心より右寄りで撮影しているんでしょうか? 男役の顔と娘役の横顔を捉えてきれいです。これ以外はないだろうというような見事なアングルですね。衣装も見事です。

Once upon a time in Takarazuka

『霧深きエルベのほとり』
作/菊田 一夫
潤色・演出/上田 久美子

カール・シュナイダー   紅 ゆずる(新人/極美 慎)
マルギット・シュラック 綺咲 愛里(新人/水乃 ゆり)

宝塚 星組公演

※1 1月14日(月・祝)15:00開演、1月24日(木)15:00開演、1月25日(金)13:00開演、2月1日(金)13:00開演は大口団体利用のため、当日B席の販売はありません。
※2 1月26日(土)15:00開演は三井住友カードと宝塚友の会の共同開催となります。予定枚数に達しなかった場合にのみ、一般前売で発売いたします。

https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2019/kirifukakierubenohotori/ticket_takarazuka.html#schedule

宝塚REVIEW チケット

宝塚歌劇のチケット

いい席は友の会などに入っていないと取れないようですね。筆者も昔、いくつか見させていただいていますが、前の席はやはり取ってもらっています。印象深く覚えているのは天海祐希さんと麻路さきさんの「風と共に去りぬ」です。 天海祐希さんが舞台袖からせりだして上がってくる。その真横の席でした。まるで人形のようにきれいでした。

チケットは現在、いろんなところで販売されていますが、昔は劇場前で当日券もあった気がします。今はどうなんでしょう。。。

宝塚の街撮影のとき、ちょうど四時ぐらいに劇場のそばにいました。なにごとかというぐらいの人混みでしたが、公演が終わって観劇したお客さんたちが出てきていたのですね。今も昔も大人気です。人を惹きつけてやまない魅力が宝塚歌劇にはあるのでしょうね。

観劇の前や後で、市民展。というのもいいかもしれません。文化的な一日ということで。

阪急百貨店公式通販サイト HANKYU E-STORES

宝塚大劇場 アクセス

宝塚大劇場 アクセス

以上三ヶ所に加えて宝塚大劇場からほどないところに手塚治虫記念館。地図の右上あたり阪急清荒神駅前にはベガ・ホール。と徒歩圏内に文化施設が五箇所もあります。

宿泊/日本旅行

フォトライブラリー/宝塚

error:Content is protected !!